Jw_cad使い方.com

Jw_cad 使い方 超入門講座 設定編

Jw_cadは、図面を描く仕事をしている場合は、便利な道具です。
私は、Jw_cadとAutoCAD LTの両方を使いますが、両方共よくできたソフトです。

 

Jw_cadを最短で使えるようになるには、実務で使っている人の操作を見ることです。
これから使おうとしているビギナー向けに、操作を動画にまとめました。

 

この講座で、お伝えしたかった事は、補助線を使って作図すれば、
作図が楽にできるとういうことです。
そのために必要な設定についてまとめました。

 

この超入門講座 設定編は、次のような方おすすめです。

  • Jw_cadをダウンロードして使ってみたけど、使いにくいと感じる。
  • 製図の仕方がよくわからない。
  • CADを使いたいが、わからない所が分からない
  • 最短でJw_cadを使えるようになりたい

講座の主な内容

2 画面の呼び方 5:02 3 基本設定1 12:21

この後の説明で使うことがありますので、画面の呼び方を説明を説明します。

表示に関する設定、ソリッドの表示順番、バックアップ等々

 

4 基本設定1の補足 2:39 5 基本設定2 4:56

基本設定の一般(1)の補足事項

画面移動、ズーム、両ボタン操作等々

 

6 環境設定ファイル 4:57 7 寸法と縮尺の設定 5:33

Jw_cadを立ち上げ時に、設定を自動で読み込ませます。

8 レイヤとは 6:32 9 基本設定 の補足2 3:09

レイヤの概要

基本設定について補足

10 線色の設定1 10:07 11 線色の設定2 4:46

レイヤ毎に線色を使い分けます。

線色の設定方法続き。

12 線種の設定 5:14 13 コマンドの設定 9:00

線種を使い分けます。

よく使うコマンドによって、線色、線種を使い分けます。

14 作図例 4:19  

補助線を使って、作図をしてみます。

 

価格

¥9,800 (税込み)

 

お申込みの流れ

 

 1 お申込みフォームにて、必要事項記入後、送信して下さい。(仮申込み) 

 

 2 お振込先等を記載したメールを返信させていただきます。

 

 3 受講料確認メールとともに、講座のURLを送信いたします。

 

お申込みフォーム

 

フォローアップ

 購入後、1ヶ月間の間、メールにて質問にお答えします。