CADデータの構成 その2

今回は、円のCADデータ(DXFデータ)を見てみます。
当然、円は、自動作図をする時、よく使います。

CADデータの構成

座標が書かれているのは、ENTITIESセクションです。

 

0          分離記号
SECTION
2          セクション名
ENTITIES
0          図形タイプ
CIRCLE
8          画層名
_0-1_
6          線種名
CONTINUOUS
62           色番号
7
10           中心X座標
131.11146496815286
20            中心Y座法
109.01273885350318
40             半径
100
0             分離記号
ENDSEC

 

今回注目して欲しいのが、CIRCLE以降の、10、20、30の部分です。
ここに、中心座標、半径が書かれています.
2行で1つの意味をなしていることを忘れないで下さい。

 

自動作図のときは、ここを書き換えます。
他は、そのままコピペして使えます。
続きは動画の中で解説します。

動画解説

操作を動画で解説しましたので、参考にして下さい。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPへ