基準の取り方

精度がいる場合、基準の取り方に2通りあります。
一般的には、外形基準が多いです。

 

例えば、四角のプレートの場合、左右辺を触って、
次に、前後辺を触って、中央を出して、ここを原点にして
基準となるノックピン2箇所の位置を加工します。

 

加工屋さんは、図面をみて、精度を出すためにどこで基準を
出すか見ます。
図面を描く時に、基準が取りやすい様に考えて描いたほうが、
加工屋さんと話が通じやすくなります。

TOPへ