入門講座

入門講座

ビギナーの方にお勧めの入門書としては、
Jw_cadの作者さんが書かれた、

 

Jw_cad 徹底解説 コマンド解説編

 

が良いと思います。

 

図面を描く時に、必要な機能をこれで調べながら覚えていくのが良いと思います。

 

といっても、どこから覚えていいか戸惑う事もあると思います。

 

そこで、ビギナーが覚えたほうがいいことを選んで、入門講座にしました。
過去の記事とだぶる内容もありますが、動画は見やすいように撮り直しました。

 

入門講座記事一覧

基本設定その1

1日目は、基本設定についてその1です。Jw_cad をダウンロードした状態での設定では、使いにくいので、基本設定を変更します。基本設定(画面移動、拡大縮小、仮点表示の設定) 画面移動、拡大縮小、交点を右クリックした時の仮点表示を設定します。 これにより、マウスホイールで、画面の拡大縮小、矢印キーでの...

≫続きを読む

 

基本設定その2

入門講座2日目です。線の種類を、図形では黒の実線、補助線はマジェンダ(補助線色)の実線、中心線は、赤の1点鎖線 寸法線は水色の実線 等、線の種類、色を分けて、描くと見やすくて便利です。そこで、レイヤー毎に線種、色を設定して、レイヤーを切り替えることで、線種、色を切り替える設定を解説します。レイヤー毎...

≫続きを読む

 

基本設定その3

設定の3日目は、用紙枠の表示と、縮尺の設定です。用紙枠の表示これは、図面枠を使わない時、図面の大きさが表示されていると便利です。基本設定-一般(1)-用紙枠を表示するにチェック-OK縮尺の設定右下の縮尺ボタンをクリック-縮尺を入力-実寸固定を選択-OK図形の大きさが変わり、寸法値は変わりません。通常...

≫続きを読む

 

図形その1

図形を描く時、補助線を使うのが基本です。補助線を描く時に、よく使うコマンドが2つあります。複線 と2線 コマンドです。2線コマンドは、対象な図形を描く時に使います。複線の操作方法複線-複線にする図形を選択-複線間隔を入力-複線を描く側(方向)にマウスをもっていってクリック2線の操作方法2線-基準線を...

≫続きを読む

 

図形その2

円の描き方です。直線と同じく、補助線を使います。円は中心座標と半径で決まります。中心に、補助線の交点を作ります。円の描き方円-中心(補助線の交点)で右クリック-半径を入力-クリック円の中心線の描き方中心線-円と補助線の交点を右クリック-反対側の円と補助線の交点を右クリック-始点と終点をクリック下記も...

≫続きを読む

 

寸法線

寸法線で、たて、よこ、幾何公差、斜め寸法の入れ方を解説します。よこ、たての寸法線①よこ寸法寸法-ステータスバーの「-」を選択-寸法位置でクリック-始点で右クリック-終点で右クリック②たて寸法ステータスバーの傾きを90°にする。他はよこ寸法と同じ。斜め寸法線角-斜めの直線をクリック-寸法値の位置でクリ...

≫続きを読む

 

印刷その1

図形を紙の大きさに合わせて印刷する時、2通りの方法があります。①図形は1倍で描き、印刷で縮尺して紙に合わせる。②図形をあらかじめ紙の大きさに合わせて縮尺し、印刷は1倍で印刷する。図形は1倍で描き、印刷で縮尺して紙に合わせて印刷印刷-設定で倍率を指定-OK-印刷範囲を選ぶ-印刷図形をあらかじめ紙の大き...

≫続きを読む

 

印刷その2

線の線幅、色は、基本設定の色・画面タブにて行います。表示画面と印刷で、設定場所が異なります。印刷の線幅の設定基本設定-色・画面タブ-プリンター出力要素-設定する線番号の線幅を入力-OK印刷その2の動画解説操作を動画にしましたので、参考にしてください。 ツイート!function(d,s,id){va...

≫続きを読む

 

Jw_cadを使う上でのポイント その1

Jw_cadを使う上でのポイントについて解説します。今回は1つ目です。それは、Jw_cadには、2つの機能を組み合わせて使うことが、よくあるということです。具体的な例をあげます。斜め方向に寸法線を入れる場合寸法コマンドを使いますが、寸法コマンドをクリック後、コントロールバーに、斜め寸法というボタンは...

≫続きを読む

 

Jw_cadを使う上でのポイント その2

今回のポイントは、「交点を取得するためのコマンドを使う」です。書こうとする図を思い浮かべて欲しいのですが、・・・ほとんどが、直線、円、円弧の組み合わせでできています。たとえば、直線を描く時、任意の座標から、座標に描くことは少ないです。大抵は、ある指定した座標から、座標に描きます。この時、交点で、指定...

≫続きを読む

 

Jw_cadを使う上でのポイントその3

今回のポイントは、「1つのコマンドに複数の役割がある」です。1つのコマンドで、複数の役割があるものがあります。そのため、自分がやりたい内容のコマンド名が見つからないことがあります。そこで、コマンド名にない役割を知っていると便利です。例を上げて解説します。拡大縮小は、複写コマンドにある拡大縮小というコ...

≫続きを読む