入門講座

Jw_cadを使う上でのポイント その3

今回のポイントは、「1つのコマンドに複数の役割がある」です。

 

1つのコマンドで、複数の役割があるものがあります。
そのため、自分がやりたい内容のコマンド名が見つからないことが
あります。

 

そこで、コマンド名にない役割を知っていると便利です。
例を上げて解説します。

拡大縮小は、複写コマンドにある

拡大縮小というコマンドはありません。
代わりに、複写コマンドで拡大縮小を行います。

 

複写
-対象の図形を選択
-選択確定
-コントロールバーの倍率に、入力
ー元の図形を残す時は、複写にチェック
 残さない時はチェックを外す
-適当な位置でクリック
 または、基準位置で右クリック

鏡像は、複写コマンドにある

その他で
鏡像というコマンドはありません。
同じく、複写コマンドで行います。

 

複写
-対象の図形を選択
-選択確定
-コントロールバーの反転ボタンをクリック
-基準線(対称軸)をクリック

解説動画

 

操作を動画にしましたので、参考にして下さい。

 

 

 

 

関連ページ

基本設定その1
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
基本設定その2
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
基本設定その3
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
図形その1
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
図形その2
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
寸法線
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
印刷その1
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
印刷その2
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
Jw_cadを使う上でのポイント その1
ビギナー向けに基本的なことを解説しました。
Jw_cadを使う上でのポイント その2
ビギナー向けに基本的なことを解説しました。