基本的な描き方例

基本的な描き方例

Jw_cadを使って図面を作成するとき、基本的な手順を解説します。

補助線を使うのがポイント

図は、ほとんどが、直線、円、円弧の組み合わせです。
Jw_cadを使って作図するのは、これらを描くと言い換えることができます。

 

そこで、効率的に描くのによく使うのが補助線です。
補助線を使って作図するということは、
 ・直線は、始点と終点を補助線の交点で決める。
 ・円、円弧は、中心を補助線の交点で決める
ことです。

四角を補助線を使って描く

それでは、四角を例に説明します。
四角をいきなり書く事もできますが、直線4本で書いてみます。
サイズは、たて=50mm、よこ=100mm とします。
まず、流れを箇条書きにします。

 

1 紙のサイズを指定します

ここでは、A4にします。
設定
-用紙サイズ
-A-4

 

2 表示を紙全体にします

設定
-画面倍率・文字表示
-用紙全体表示
   

 

3 今回は、分かりやすい様に、補助線の色を変えておきましょう

線属性
-補助線色
-OK

 

4 補助線となる、十字の水平線と垂直線を書きます


-水平・垂直にチェック
-左クリックで始点指示、線表示後、左クリックで終点を指示

 

ほぼ、紙いっぱいに引いておきます。
この十字の中心が基準になります。原点(0,0)と思ってください。

 

5  次に、原点の右に、補助線となる縦線を引きます

複線コマンドを使って、基準の垂直線を、右に50mmの位置にコピーします。
複線
-複線にする図形を選択
  ・・・ここでは垂直線
-複線間隔に50と入力 ・・・数値を入力すると、コピーされた線が表示される
-作図する方向を指示・・・ここでは、垂直線の右側で左クリック

 

6 同様に、原点の左側にも、垂直線を50mmの位置にコピーします

 

7 同じ考えで、原点の上に、補助線となる横線を引きます

複線コマンドを使って、基準の水平線を、上に25mmの位置にコピーします。

 

8 同様に、原点の上側にも、水平線を25mmの位置にコピーします

 

9 線の色を黒に戻しておきます

線属性
-黒色
-OK

 

10 これで、四角を書く補助線が出来ました

コマン直線を使って、補助線の交点4点を結びます。
 
-始点(補助線の交点)の近くで右クリック

-終点(補助線の交点)の近くで右クリック
これを、4回行います。
これで、四角を直線4本で書けました。

 

操作を間違えて、元に戻りたいときは、
CNTL+Z
または、
編集-戻る
で戻ります。

補助線を使って四角を描く動画解説

補助線を使って四角を描く操作を動画にしましたので、参考にしてください。

 

 

補助線は都度消してもいいし、後でまとめて消しても構いません。
ちなみに、私は会社ではAutoCADを使っていますが、同じようなやり方でで作図しています。

 

 

関連ページ

作図の方法
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
入門講座
ビギナー向けに基本的なことを解説しました。