移動

複写移動をクロックメニューで切り替える方法

複写コマンド実行中に、範囲選択後、
複写から移動に切り替える方法です。
もちろん、コントロールバーの左端で、
複写のチェックを外しても出来ます。
マウスポインターが離れた所にある時は。
クロックメニューでする方が楽な時もあります。
そこで、クロックメニューで切り替える方法を
紹介します。

操作方法

複写
-範囲選択
-選択確定
-左ドラッグ+1時の方向
 右クリックで暗い(PM)側にする
 移動と表示されたらはなす

 

操作を動画にしましたので、ご参照下さい。

 

 

 

 

 

関連ページ

図面間でのコピー
図面間でのコピー
寸法値の移動
寸法値の位置を移動させる
レイヤまるごとコピ(同じ図面内でコピー)
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤまるごとコピー(別図面にコピー)
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
回転
図形の回転について解説します
図形の回転複写
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
図形の回転移動 その2
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤの図形を他のファイルにコピーする
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
別レイヤの同じ位置にコピーする方法
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
別レイヤの同じ位置に移動する方法
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
図形の回転移動 その3
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
複数の図形の中心を設定して移動する
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
複写とコピーコマンドの違い
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
図形の回転方向をそろえる方法
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。