移動

複写とコピーコマンドの違い

なぜ、複写とコピーコマンドと、よく似たコマンド
があるのか、疑問に思われた方もおられるかもしれません。

 

使い分けは。
同じ図面(ファイル)間で、複写(または移動)する時は、
複写(移動)コマンドです。
この時。
コピーコマンドと貼付けコマンドでもできます。
しかし。
異なる図面(ファイル)間では、
コピーコマンドでしかできません。

 

イメージとしては。
複写コマンドは、図形の座標を書き込んだり。
移動コマンドでは、図形の座標を書き換えたり
するイメージです。

 

一方,コピーコマンドは。
クリップボード(コピーするデータを記憶しておくところ)
にコピーしておいて。
それを、違うファイルにおいて、そのデータを
もう一方の図面データに、貼付けるイメージです。

 

操作を動画にしましたので、ご参照下さい。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

図面間でのコピー
図面間でのコピー
寸法値の移動
寸法値の位置を移動させる
レイヤまるごとコピ(同じ図面内でコピー)
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤまるごとコピー(別図面にコピー)
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
回転
図形の回転について解説します
図形の回転複写
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
図形の回転移動 その2
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤの図形を他のファイルにコピーする
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
別レイヤの同じ位置にコピーする方法
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
別レイヤの同じ位置に移動する方法
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
図形の回転移動 その3
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
複数の図形の中心を設定して移動する
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。