反転

反転

図形を反転させる事はよくあります。
それは設計する図形は、対象な図形が多いからです。
AutoCAD LTでは、「鏡像」コマンド、他のCADでは「ミラー」コマンドを
使っています。
Jwcadでは複写コマンドで行います。

 

特別な理由がなければ、対象になるように設計した方が望ましいです。
図面が見やすくなりこともありますが、
加工の時、穴が対象にないと、勘違いしそうでやりにくいです。
もちろん、理由があれば対象でなくても構いませんが。

 

反転記事一覧

鏡像

対象な図形を描くことはよくあります。外形が対象、穴が対象にある、・・・・・複写コマンドを使って鏡像を描きます。(AutoCADにある鏡像コマンドはありません)鏡像の作り方複写-図形を選択(左上をクリック、右下をクリック)-選択確定-反転-基準線を選択鏡像の動画解説操作を動画にしましたので、参考にして...

≫続きを読む

 

中心線から反対に複写する方法

「中心線から反対へ複写」という検索で、Jw_cad使い方.com にアクセスがありました。中心線から反対に複写する方法を探されている方の検索です。Jwcadには、他のCADでみられる「反転」、「ミラー」といったコマンドはありません。代わりに、複写コマンドの反転ボタンで、できます。中心線から反対に複写...

≫続きを読む