消去部分を再表示する

消去部分を再表示する

消去コマンドで、線等を消した時に、重なってる図形の
重なっている部分が消えます。
画面を移動させると、再表示されます。

 

この場合、再表示されて消えないようにする設定です。

 

消去部分を再表示する設定

 

基本設定
-一般(1)
-消去部分を再表示するにチェック
-OK

 

チェックを入れといた方が便利だと思います。

 

動画解説

 

操作を動画で解説しましたので、参考にして下さい。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

関連ページ

クロスラインカーソルの設定
クロスラインカーソルにする設定方法
背景色の設定
背景色の設定方法です
線の太さ設定
線の太さの設定方法です
線色、線種の環境設定
線種、線色を環境設定で設定します
環境設定ファイルの自動読み込み
環境設定ファイルの自動読み込み
縮尺の設定
縮尺の設定方法
寸法値の大きさ
寸法値の大きさの設定方法について
コマンドによってレイヤ切り替え
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
ツールバーの初期化
ツールバーの配置を初期化する方法です
ショートカットキーの作り方
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
クロスラインカーソルの線種変更
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
複線の連続ボタンをENTERキーでする方法
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
環境設定ファイルの自動読み込み その2
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
消去部分を再表示する設定
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
クロスラインカーソル線色の変え方
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
表示範囲の記憶方法
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
補助線レイヤに自動切り替えする
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
寸法値を変えずに縮尺を変える方法
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
重なってる線を消さない方法
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。