外部変形の作り方 その2

外部変形の作り方 その2

中間ファイル jwc_tmp.txt ファイルをExcelで編集するところを解説します。
この中間ファイルに作図したいコードを書き込むと、Jw_cadが読み込んで
作図します。
今回は、Excelを立ち上げて、ファイルを編集するマクロを動かすところまでを解説します。

バッチファイルを作る

バッチファイルの3行目が、マクロの起動です。

 

REM テスト用2です
REM #jww
start "" "c:¥jww¥TEST_macro.xlsm"

 

起動するブック名をパス名も含めて入れます。
フォルダーは、Jw_cadが入っているJwwに、マクロの入ったブックを入れときます。

マクロのコード

Option Explicit
Private Sub Workbook_Open()
MsgBox "起動しました"
End Sub

 

ブックが開くと、メッセージを出す様にだけしました。
ブックが開いた後に発生するイベントを使います。

動画解説

操作を動画にしましたので、参考にしてください。

 

 

 

関連ページ

外部変形の使い方
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
外部変形の作り方 その1
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
外部変形の作り方 その3
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
外部変形の作り方 その4
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
外部変形の作り方 その5
外部変形の作り方 その5
文字連続、数字連続の入れ方
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。