外部変形の作り方 その3

外部変形の作り方 その3

wc_temp.txt をJw_cad が読み込んで、作図します。
このテキストデータをエクセルで読み込むところを解説します。
前回同様、ワークブックオープンイベントを利用して、
ブックを開くと動くマクロにします。
ポイントは、OPEN~で、テキストデータを読み込むところです。
コードを下記にのせます。

DXFデータを読み込むサンプルコード

Private Sub Workbook_Open()
Dim editTEXTDATA
Dim myPath
Dim buf
Dim cnt As Long

 

myPath = ThisWorkbook.Path
editTEXTDATA = myPath & "\jwc_temp.txt"
cnt = 1
Open editTEXTDATA For Input As #1
Do
Line Input #1, buf
Worksheets(1).Cells(cnt, 1).Value = buf
cnt = cnt + 1
Loop Until EOF(1)
Close #1
End Sub

動画解説

動画で解説しましたので、参考にして下さい。

 

 

 

関連ページ

外部変形の使い方
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
外部変形の作り方 その1
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
外部変形の作り方 その2
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
外部変形の作り方 その4
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
外部変形の作り方 その5
外部変形の作り方 その5
文字連続、数字連続の入れ方
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。