レイヤ毎に縮尺を変える

レイヤ毎に縮尺を変える

1枚の図面で、1部分を詳細図にして、拡大して描く事はよくあります。
レイヤーを分けて、縮尺を変えたくなりますが、
レイヤーグループ毎に縮尺を変えます。
同じレイヤグループ内のレイヤは同じ縮尺になります。

レイヤグループ毎に縮尺を設定する方法

縮尺を変更するレイヤグループを書き込みレイヤグループにする
書き込みレイヤグループバーのボタンを右クリック

 

画面右下の
縮尺ボタン
-縮尺に数字(縮尺)を入力

-OK

実寸固定と図寸固定の違いについて

縮尺変更時のフレームに、実寸固定と、図寸固定のチェックボックスがあります。

  • 実寸固定にチェック

  -->図形が拡大縮小される
       寸法値は同じ

  • 図寸固定にチェック

  -->図形は見た目同じ大きさ
      寸法値が縮尺に合わせて変わる

 

 お薦めは、実寸固定を使うのが良いと思います。
 縮尺変更前に描いた寸法値と変わらないからです。
 図寸固定だと、寸法値が変わるため、寸法を勘違いすることがあるからです。

文字サイズ変更のチェック

文字サイズ変更にチェックを入れると、縮尺に合わせて文字サイズが変わります。

レイヤ毎に縮尺を変える動画解説

操作を動画で解説しましたので、参考にして下さい。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

Jw_cad 使い方.com
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤーの表示非表示
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤーバーの切り替え、プロテクト
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤのデータ削除
レイヤのデータ削除について
プロテクトレイヤの使い方
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤのデータをすべて削除する
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤ移動で同じ位置にコピーする
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤのデータをすべて削除する その2
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。