曲線

曲線記事一覧

破断面を描く時等で、波線を書く場合があります。曲線コマンドのスプライン曲線で描いてみます。あらかじめ、曲線を通る交点を補助線で作っておきます。スプラインで曲線を描く方法曲線-スプライン曲線にチェック   -始点を右クリック   -中間点を右クリック   -終点を右クリック   -作図実行この後、複写コマンドで、残りの部分を描く。スプラインで曲線を描く動画解説操作を動画にしましたので、参考にしてくだ...

図面を描いていると、曲線を描くことがあります。例えば、1 破断面を表す時2 円弧上にない点を、滑らかに結びたい時曲線を描くには、以下の方法があります。・スプライン・3点を通る円弧スプラインで曲線を描く方法あらかじめ、補助線で、交点を作っておく(3点) 曲線-スプラインにチェック    -始点を選択(クリック)    -中間点を選択    -終点を選択    -作図実行ボタンをクリック3点を通る円弧...

スプライン等で描いた曲線の伸縮をする方法についてです。曲線のままでは伸縮できませんので、直線の集まりに分解してから伸縮コマンドを使います。伸縮をする準備 曲線を直線の集まりに分解する範囲-範囲選択    -属性変更    (属性変更のダイアログ)    -全属性クリアにチェック    -OK曲線を伸縮する方法伸縮-基準線をダブル右クリック    -残す側で左クリック伸ばす場合も同様。曲線を伸縮する...

波線の描き方の続きです。カーテンの様に連続した波線の引き方です。波線の書き方 曲線と複写を組み合わす補助線で波線の通る交点を作る線-水平垂直にチェック水平と水平に直線を書く2線-水平に書く複線-等間隔に垂直線を書く曲線-1周期の波線の交点を右クリック-ENTER複写-1周期の波線を選択-基準点変更-波線1周期の始点を右クリック-1周期の終点で右クリック-連続ボタンをクリック波線の書き方 解説動画 ...

波線の描き方の続きです。今回は、半円と直線を使って、畳の断面記号を書いてみます。波線の書き方 半円を使う方法補助線で波線の通る交点を作る(前回と共通です)線-水平垂直にチェック水平と水平に直線を書く2線-水平に書く複線-等間隔に垂直線を書く円-半円にチェック-半円の1点目の位置となる交点(補助線)を右クリック-2点目の交点を右クリック-半円を描く側でクリック同様にしてもう1つ半円を書く線-半円をつ...

簡易的に波線を書く方法です。波線を書く簡易的な方法線属性バー-1~5(数字のキー)のどれかを押す-OK線-始点と終点をクリック波線を書く解説動画 操作を動画で解説しましたので、参考にして下さい。 ツイート

「曲線 2重線の引き方」 「曲線の複線」という検索でJw_cad使い方.com にアクセスがありました。曲線を含む線の両側に複線を引く方法を探されている方の検索です。コーナーの曲線がない二本の直線でつないだ状態で複線を使います。その後、面取コマンドで、曲線部をつくります。曲線の複線を2重に引く方法あらかじめ、直線2本を直角に結ぶ複線-範囲選択-直線2本を囲って選択-選択確定-複線間隔を入力-両側複...

スプライン曲線の書き方について質問がありました。また、Jw_cad使い方。com へアクセスされたキーワードを見ると、「曲線の書き方」という類のキーワードがありました。曲線コマンドという、そのものの名前の付いたコマンドがあります。これを使います。曲線でよく使われる、スプライン曲線の書き方を解説します。曲線-スプライン曲線を選択-分割数を入力-曲線の通る点を右クリックで選択-作図実行ボタンをクリック...

曲線を書く時。最後の点を指示した後、作図実行ボタンを押します。この時、マウスポインタが画面上のコントロールバーから離れていると。マウスを動かすのが面倒な時があります。そんな時。クロックメニューで、マウスをあまり動かさずにできます。操作方法曲線-始点、中間点、終点を指示 左または、右クリック-左ドラッグ+0時の方向 作図実行と表示されたら、はなす操作を動画にしましたので、ご参照下さい。 ツイート

Jw_cad使い方●comに、「曲線内範囲消去」というキーワードでアクセスがありました。曲線の途中を範囲選択して消去する方法を捜されていたと思います。曲線は、それ自体が1個のかたまりの図形です。ですので、一旦、このかたまりの図形を、クリアする必要があります。そうすることで、短い線の集まりになります。そうしておいてから、範囲選択して消去する線を消します。操作方法範囲-全選択-クロックメニュー 右0時...

TOPへ