コーヒーブレーク記事一覧

私は、元々はAutoCAD LT のヘビーユーザーでした。プレス金型の図面を描く事が多かったのですが、サイズが違うだけで、同じような形状の部品図を描くことがよくありました。これってもっと簡単に描けないのかな。。。。解説書を見てると、市販のソフトで標準部品の自動作図ソフトが紹介されていました。これって自分で作れないかな。。。最初は、AutoCADのコマンドをExcelVBAで作って、クリップボードに...

ビギナーの方がCADを学ぶ時、どうやって学べばいいか?2つ方法があると思います。1 描かなければならない図面(仕事)が目の前にある2 CADの概要を知る、興味を持つ私が、初めてCAD(CADAM)を覚えた時は、1の状況でした。新入社員の頃、前任者から引き継いだ図面を変更するように指示され、先輩に聞きまくって、その時必要な機能を覚えました。そうでない時もあると思います。2の場合は、CADとはどういう...

今さらですが、CADとは、設計支援の頭文字です。(Computer Aided Design)設計支援ソフトですので、お絵描きの機能は一部の機能です。Jw_cadに惹かれたのは、ユーザーが、計算した座標を取り込んだり、自動作図できる事を想定して作られているところです。もう1つは、情報インフラです。検索すると、使い方について、いろいろ出てきます。ちなみに、私は、3D-CADはKeyCreatorを使...

精度がいる場合、基準の取り方に2通りあります。一般的には、外形基準が多いです。例えば、四角のプレートの場合、左右辺を触って、次に、前後辺を触って、中央を出して、ここを原点にして基準となるノックピン2箇所の位置を加工します。加工屋さんは、図面をみて、精度を出すためにどこで基準を出すか見ます。図面を描く時に、基準が取りやすい様に考えて描いたほうが、加工屋さんと話が通じやすくなります。

直線は最もよく使います。直線を、長さ、角度指定で描くことができます。しかし、私はこの方法で描くことはありません。補助線で、始点と終点を作り、これを結びます。補助線を使って描くのが基本です。AutoCADでも、補助線を使うためのソフト(AutoMECH)を入れて使います。もし、補助線が使えなかったら、かなり描きにくいからです。

私が最初の触ったCADは、CADAMでした。まだ、Windowsがなかった頃です。その後、今の会社に変わって、AutoCADを使い始めました。その時、どうやって覚えたか、思い出すと、・・・・・自分がやりたい事を想像して、それをする方法を探して覚えました。もちろん、昔CADを触ってたことがあるので、こんなことが出来るはず、・・・というのは、なんとなく分かりましたが。Jw_cad のビギナーの方は、や...

Google アナリティクスのデータから、ページビューの多い記事をまとめました。(2015年6月14日から1ヶ月前まで)1位:レイヤまるごとコピ(同じ図面内でコピー) 2位:レイヤのデータ削除             3位:基本的な描き方例     4位:超入門講座 5位:印刷プレビュー 6位:入門講座 7位:波線の描き方8位:外部変形の作り方 その29位:環境設定ファイルの自動読み込み10位:図...

サラリーマンの方は盆休み中でしょうか。私も今日から休みに入り、今朝はゆっくりしています。休み前の夕方、気分は休みモードに入りながらもバタバタしている時、同僚が机の下に入ってゴソゴソしていました。先輩A「デスクトップ(PC)持って帰るの?」同僚B「ええ、家でもやらないと。。。。間に合わないですよ。」PCにCAD(AutoCAD)が入っていて、家で図面を描くためです。今朝、1息ついて、思ったのですが・...

TOPへ