自動作図

自動作図

自動作図とは、手動で作図する代わりにソフトに自動で作図させます。
たとえば、
本棚の図面を書くのに、外形の寸法と、棚の段数を入力すると、
正面図と側面図が自動作図されるとかです。
私がやろうと思ったきっかけは、形状は同じで寸法だけ違う部品図を
描くことが度々あったため、もっと速くかけないかなと思ったからです。
Jw_cadユーザーには、2つの方法があります。

 

1 外部変形を使う方法
2 DXFデータを作る方法

 

1については、解説本も出ています。たぶん主な方法と思います。
2については、使うソフトによって、更に分けられます。
このサイトではエクセルを使ってDXFデータを作っています。
エクセルを使う利点は、
・豊富なワークシート関数が利用できる
・ユーザーフォームを使うことで、入力フォーマットがカスタマイズできる

 

といった事があります。
私が仕事で使っている自動作図はExcel VBAで作りました。

自動作図記事一覧

「自動作図」というキーワードで時々検索されているのを見ます。そこで、自動作図のやり方について、解説していきたいと思います。Jw_cadで、自動作図する方法には、2つあります。1 外部変形 機能を使う2 DXFデータをつくるです。後者のほうが、より複雑な図形が描きやすい、エクセルの機能が使える(座標の計算、入力フォーム)といった利点があります。ここでは、2を使ったやり方を解説していきます。まず、DX...

CADデータの代表的なフォーマットであるDXFデータの構成を解説します。DXFデータは、他のCADでも読める事が多いということから、よく使われます。それ以外に、テキストデータなので、エディターや、エクセルでも読めます。そのため、自動作図に使われたりします。そこで、DXFデータの構成について解説します。CADデータの構成DXFデータは、セクションと呼ばれるかたまりで、分かれています。その中で、ENT...

今回は、円のCADデータ(DXFデータ)を見てみます。当然、円は、自動作図をする時、よく使います。CADデータの構成座標が書かれているのは、ENTITIESセクションです。0          分離記号SECTION2          セクション名ENTITIES0          図形タイプCIRCLE8          画層名_0-1_6          線種名CONTINUOUS62...

今回は、円弧のDXFデータをみてみます。直線、円、円弧で、ほとんどの図形はできています。この3つのデータの構成は、自動作図でよく使います。CADデータの構成円弧を表すセクション0SECTION2ENTITIES0ARC        ・・・円弧8_0-1_6CONTINUOUS6271045.220550595634265   ・・・・中心のx座標20164.30734523843927   ・・...

今回は、線の色を表す部分を見てみます。CADデータの構成例0SECTION2ENTITIES0LINE8_0-1_6CONTINUOUS62         ・・・・・・・・色番号7        ・・・・・・・・・黒10117.036399307468782063.46779677371355211209.4509508361312621137.5179181909110862が色番号を表してい...

今回は、線種の部分を解説します。座標が書き込まれているセクションであるENTITIESセクションに、線種を設定する部分があります。DXFデータの線種の設定0ENDSEC0SECTION2ENTITIES0LINE8_0-1_6         ・・・・・・・線種CONTINUOUS ・・・・・・実線627コードの説明6が線種を表すグループコードです。次にくるCONTINUOUSが、実線を表します。...

エクセルで自動作図をする流れは、以下になります。1 元になるDXFデータをワークシートに取り込む2 作図したい図に関するDXFデータを追加する3 テキストデータ(DXFデータ)に戻すそこで、1のDXFデータをワークシートに取り込む方法を解説します。DXFデータをワークシートに取り込むマクロ今回は、簡単にするため、1行目と2行目だけ取り込む方法です。Sub test() Dim buf ...

前回、DXFデータの1,2行目を読み込んで、イミディエイトウィンドウに書き込みました。今回は、実際に自動作図で使えるように、DXFデータ全体を読み込んで、ワークシートに書き込みます。DXFデータを読み込んでワークシートに書き込むマクロSub test2() Dim buf Dim cnt As Long Open "D:\LINE.dxf" For Input As #1...

今回は、ワークシートのデータをテキストデータ(DXFデータ)に戻す方法を解説します。ワークシートのデータをDXFデータに戻すマクロSub test3() Dim i As Long Dim cnt As Long Dim RowEnd As Long Dim buf Open "D:\LINE_変更.dxf" For Output As #1 cnt =...

前回までで、DXFデータをワークシートに書き込む、逆に、ワークシートの値をDXFデータ(テキストデータ)に戻す方法を解説しました。次の作業として、ワークシートに書き込んだDXFデータに図形のデータを足していきます。その足していく場所が、ENTITIESセクションです。ですので、まずENTITIESセクションのある行を探す事をします。ENTITIESセクションのある行を見つけるマクロSub test...

今回は、ENTITIESセクションにデータを入れていく所を解説します。直線のDXFデータを作ります。この考え方が、直線、円弧、円のデータを作る場合で共通です。エクセルで自動作図をする場合のキモとなる部分です。直線のDXFデータをつくるマクロSub test5() Dim i As Long Dim RowEnd As Long Dim Row_Enti As Long Di...

今回は、直線2本のDXFデータを作成します。直線2本ができれば、2本以上も同じ考えでできます。直線2本のDXFデータをつくるマクロSub test6()Dim i As Long, j As LongDim RowEnd As LongDim Row_Enti As LongDim Xcod_S, Ycod_SDim Xcod_E, Ycod_ERowEnd = Range("A1").End(x...

前回、直線2本のデータをワークシートに書き込みました。これをテキストファイルに書き込みます。このファイルが、DXFデータとしてJw_cadで読み込むことができます。ワークシート上のDXFデータをテキストファイルに書き込コード前回のコードに追加します。Sub test7()Dim i As Long, j As LongDim RowEnd As LongDim Row_Enti As LongDi...

「CADデータをエクセルでみる」という検索で、Jw_cad使い方.comにアクセスがありました。CADデータをエクセルで見る方法を探されている方の検索です。エクセルで見れるのは、DXFデータになります。ファイル―開くで、見れます。CADデータをエクセルでみる方法エクセルで、ファイル―開く―すべてのファイルを選択―開くDXFデータを選択する―開くテキストファイルウイザードを表示されるそのまま次へをク...

TOPへ