複線コマンドで補助線を引いて作図

「原点に戻る」という検索がありました。
原点から、相対座標で作図する方法を調べられていた方だと思います。
相対座標を使うという考え方はいいのですが、複線コマンドを使って補助線を使う
方法をおすすめします。

複線コマンドで作図する方法

あらかじめ、水平と垂直に補助線を引いておきます。
この交点を原点にします。
原点から、(100,100)の位置に円を描くとします。

 

複線
-水平な補助線をクリック
-y方向のオフセットを入力
-補助線を書く側でクリック
-垂直な補助線をクリック
-x方向のオフセットを入力
-補助線を書く側でクリック

 


-補助線の交点を右クリック
-半径入力 または適当な位置でクリック

動画解説

 

操作を動画で解説しましたので、参考にして下さい。

 

 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

TOPへ