DXFデータの構成

DXFデータの構成について解説します。
まず、簡単な例として、Jwcadで直線を描いてみます。
この直線1本のデータを例に説明します。

 

■DXFデータの例

 

DXFデータの構成

 

 直線1本のデータををDXF形式で保存します。
 ここでは、直線JW.dxf という名前で保存してみます。

 

 これを、エディターで開いてみます。
 ここではsakuraエディターを使いました。(フリーソフト)
 こんな感じです。

 

DXFデータの構成

 

■DXFデータの構成

 

 このDXFデータを使って、データ構造を説明していきます。
 表示は30行で切りましたが、956行まであります。
 それでは、コードの意味を見ていきましょう。

 

 まず、DXFデータは、セクションとよばれる項目で構成されています。
 今回の場合は、以下のセクションに分かれています。

 

DXFデータの構成

 

 

TOPへ