レイヤーバーの切り替え、プロテクト

レイヤバーの切り替え、プロテクト

レイヤーバーの操作として、切り替え方と、プロテクトのかけ方を解説します。
時々使う機能ですが、他のCADから移ってきた時、戸惑う操作の1つだと思います。

レイヤバーの操作方法

1 書き込みレイヤーにする方法

書き込みしたいレイヤー番号で、右クリック

 

2 非表示→表示のみ(編集不可)→編集可能に切り替える方法

操作するレイヤー番号で、左クリック
で、順次変わる

 

3 2を全レイヤーを一括で変える方法

レイヤーバーの「ALL」ボタンを左クリック
で、順次変わる

 

4 プロテクトレイヤー(1)の操作方法

(編集不可+表示非表示等の切り替え可)にするには
Ctrl+左クリック

 

5  プロテクトレイヤー(2)の操作方法

(編集不可+表示非表示等の切り替え不可)にするには
Ctrl+Shift+左クリック

 

プロテクトレイヤー(1)にすると、削除等の編集不可になりますが、
左クリックで、表示、非表示、編集の切り替えはできます。

 

プロテクトレイヤー(2)にすると、編集不可だけでなく、
表示、非表示等の切り替えも不可になります

レイヤバーを操作する動画解説

操作を動画で解説しましたので、参考にして下さい。

 

 

 

関連ページ

Jw_cad 使い方.com
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤーの表示非表示
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤのデータ削除
レイヤのデータ削除について
レイヤ毎に縮尺を変える
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
プロテクトレイヤの使い方
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤのデータをすべて削除する
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤ移動で同じ位置にコピーする
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
レイヤのデータをすべて削除する その2
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。