参考図書「プログラムはなぜ動くか」

この本は私が最近読んで、はまった本です。

 

エクセルの様なアプリが
PCの中でどう動いているがイメージできるようになります。

 

少し、かいつまんで紹介しますと、・・・・・
アプリを起動さすと、HDDからメモリーにコピーされます。
メモリーの中は、区切られていて、それぞれアドレス(番号)があります。
アプリとデータは、各アドレスに書き込まれています。
ユーザーは、実は、この各アドレスのデータを操作しているわけです。

 

特に、変数にアドレスを入れるイメージが分かりました。

 

PCにあまり詳しくない私でも読めました。
プログラムや、マクロを書く方、エクセル好きの方に
おすすめします。

 

「プログラムはなぜ動くか」 矢沢 久雄 著

 

TOPへ