入門講座

Jw_cadを使う上でのポイント その1

Jw_cadを使う上でのポイントについて解説します。
今回は1つ目です。
それは、Jw_cadには、2つの機能を組み合わせて使うことが、
よくあるということです。

 

具体的な例をあげます。

斜め方向に寸法線を入れる場合

寸法コマンドを使いますが、
寸法コマンドをクリック後、
コントロールバーに、斜め寸法というボタンはありません。
左端に、傾きというボックスがあるので、
ここに、斜め方向の角度を入力します。

 

この時、線角コマンドを使うと、自動で傾き角度を取得できます。
つまり、
線コマンド + 線角コマンド で斜め方向の寸法線が書けます。

 

寸法
線角
傾きの線をクリック
―寸法値の位置でクリック
―端を右クリック
―もう片方の端をクリック

解説動画

 

操作を動画にしましたので、参考にして下さい。

 

 

 

関連ページ

基本設定その1
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
基本設定その2
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
基本設定その3
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
図形その1
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
図形その2
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
寸法線
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
印刷その1
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。
印刷その2
Jw_cadの使い方について、入門から応用、自動作図まで解説します。